fr en de es it cn np ar
オー マンにて60キロ以上のロ ウニンアジ釣りを楽しむ
本 格的な環境でスポーティブな釣りを楽しむ

是 非ルアーを用意し、シングルフック、トリプルフックを研いで 60 キロ以上のロ ウニンアジを釣りにお越し下さい!!!

オマーンにて、100キロを超えるコモンスティングレイ、ザラザラエイをサーフ・フィッシング
白 砂のビーチでの釣りをしに是非お越し下さい

100 キロを超えるコモンスティングレイやザラザラエイを獲得した興奮でガクガクすること間違いなし!!!

オ マーン南部で25キロ以上のブラウンメロウの釣りをお楽しみ下さい
お 一人又はグループで、究極の釣りを楽しみにお越し下さい

ジ ギングは楽しいです、釣り用ベストを装着し、手袋をはめて、釣針を垂らし、 ブ ラウンメロウ釣りをお楽しみ下さい。

オマーンで50キロ以上のロウニンアジの釣りをお楽しみ下さい
釣 竿を手にして、強度のセンセーションを味わう準備は出来ましたか?

ブ ロックされたブレーキ、釣り餌は2,3回動いたかと思うとラッシュし、 50 キロ以上のロウニンアジとの大格闘となります。

オ マーンで15キロ以上のカンパチの釣りをお楽しみ下さい
地 平線を探索し、あらゆる可能性の準備を為さって下さい

バー ンと釣竿を正確な場所に投げ、ラッシュと格闘の後に15キロ以上のカンパチをキャッチ!!!

マ スカット オマーンの南部で、より正確にはサラーラでの日没
美 しい夕日の前でリラックス

格 闘とあらゆる感情の後は、テラスにて温かいお茶を飲んでおくつろぎ下さい!

南マスカット·オマーンの釣り魚のカタログ

オマーンの海域には数多くの魚種が存在するので、その完全なリストを提供することは不可能です。
しかし、このカタログでは最も印象的で広く普及しているのや魚種によって分類されており、ご自身にて 釣っていただける魚の大きさなどの概要を御覧頂けます!

ロウニンアジ

アジ科6科と約10種が存在する。 下記はオーマンにて出会うことのできるそれらのリストです:

ロウニンアジ(Giant Trevally)は特に有名です
このラテン名ギンガメアジ属の海洋生物種はジャイアント・トレヴァリーや"GT"(ジーティー)と呼ばれ、オマーンの熱帯海域で非常に豊富です。
この驚くべき魚は全長170cmそして体重80kgにも達します。
この巨体と体重から、動きも激しく究極の釣りには最適といえます。
先史時代からこの釣りをしているオーストラリアとハワイでは"GT"(ジーティー)ルアーのコンクールが 行われています。
次の逸話は、この魚の神秘さを語っています:ウルア(アジ)の強さは、ハワイの文化の中で常に戦士の男性のそれと関連づけられ、その消費は女性に禁止されてもいました。
その種は頻繁に宗教儀式犠牲に使用され、魚は一般的に神と考えられていました... これはまさに挑戦といえるでしょう!
彼の体は、楕円形の形状で、その大きなひれと巨大な頭、額と巨大な目から、GTのアジは特に認識し易いです。
時には、黒または薄い縞に覆われ、色はライトグレーからグレーシルバーとブラックです。
海底に生息し、主に魚そして時には深海の甲殻類を食べます。
まれに、カメを食します。
夜行性でなく昼に活動し、それは主に夜明けから日没にかけて狩りをします。若魚は頻繁に集団で移動し、成魚は単独またはペアで移動します。
アジは、ラグーンやサンゴ礁を好み、浅瀬と深い面の200メートルの間を通過します。
ほとんどの場合、ルアーやスティックベイトを使ってそれらを釣ります。
面白い話では、ある水中漁師は傷ついたアジの助けを求める叫びを巧妙に擦れる音で模倣して、 魚を引き付けることができるそうです!

オニヒラアジ(Brassy Trevally)、ラテン名はCaranx Papuensisは全長70cm、体重6,5キロに及びます。
その銀色と黒い斑点が特徴です。
夜よりも日中に活動し、しかし、それは主に深海に生息する魚や無脊髄類を捕食します。
若魚は沿岸の近くを移動し、成魚はたまに小さな集団でいますが、どちらかというと単独で行動します
激しく自分自身を擁護することから、これらはスポーツ·フィッシングに向いています。
それは頻繁に、ルアー、スティックベイトを流し、ジギングし餌で釣られています。

ナンヨウカイワリ(Yellowspot Trevally)またはアイスランド⠂トレバリー(「ストレート」)は多くの名前(jordani、nitidus、ferdauなど)を持っているが、その最も一般的な呼称は、斑点アジや黄色の斑点アジです。
頭と腹の下の部分は、銀であり、頭の上部と背中は青緑の色合いです;全身が黄金の斑点でいっぱいです。ナンヨウカイワリは、最大75センチ、6.6キロ程の重量です。
彼女は沿岸に生息していますが3メートルから150メートルの深海を移動します。
通常は単独で、ペアで、時々小さな群れで、彼らは小魚や甲殻類を餌にしています。
ナンヨウカイワリはルアー、スティックベイトを流し、ジギングし餌で釣られています。

カンパチまたはブリ(「小さな瓶」)は、アジ科で、数十種によって構成されている。

カンパチCouronnée(Greater Amberjack) やカンパチdumeriliは巨大魚の種の一つです。
特に、スポーティブなの釣り人によって珍重され、それは最大190センチ、100キロもの重量です。
その銀青色がわき腹にある金の線で引き立たれ目からでる茶色のバンドによって構成されています。
この強力な捕食者は、一般的に20〜70メートルの深海に生息し、魚や無脊椎動物を餌としています。
ほとんどの時、カンパチcouronnéeは集団でいますが、時には単独で冒険することもあります。
成魚と巨大魚は深海のサンゴ礁を好むのに対して、若さかなは海岸の漂流物に特に興味を持っています。
カンパチはジギング、ステックベイトと迅速なフローティングでキャッチされます。

マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてカンパチを釣る

カンパチChicard やヒラマサ(Yellowtail Amberjack) またはカンパチLalandiは250センチ、96.8キロまで計量される遠洋魚です!
その色は、腹の白い上半身に青緑色、側面全体に黄色いバンドの境界線があります。
3メートルと825メートルの深海を泳ぎ、海岸と海の間の移動するカンパチーchicard はサンゴ礁や岩の底を 好みます。
若魚は沿岸海域を好んで生息します。
単独や小グループで行動し、イカや甲殻類を餌にしてます。

コバンアジ(Pennant-Fish o又は Threadfin Trevally) またはイトヒキアジは、また、ウマヒキ、エバアジと呼ばれています。
確かに、それは本当のコバンアジではなく:アジ科に属しています。
ブルーシルバーカラー - メタリックグリーンで、体長150センチ、23キロに及ぶこともあります。
成魚はサンゴ礁の近くの沿岸地域を好み;若魚は深海で生息しています。
それらを釣ることは非常に大規模な魚種と勇敢な戦いを提供していますので、究極の釣りで 人気があります。
コバンアジはよくスティックベイト、ジギングとフローティングでキャッチされます。

コバンアジは("槍を武装してごつごつした"その背びれから )別名Grande Trachinote または Trachinotus Falcatus と呼ばれアジ科に属します。
最も大きなものでは体長122cmそして体重36キロにまで及びます。
沿岸に生息し、浅い水のなかで魚、カニ、エビを餌にしています。
この魚は、スポーツフィッシングのトロフィーとして飛び抜けて素晴らしいと考えられています。
実際、警戒深い性格の為に釣り針を食い込ませることは難しくその釣糸を切るほどの活力は 壮大な戦いを、お約束します。
一般的には浅瀬にて例えばベイトなどでカニなどの餌を食べて警戒心が緩んでいる間に釣ります。

Talang Queenfish または Scomberoides Commersonnianus はロウニンアジの種です。
全長120cmそして体重は16キロまでに及びます。
この深海魚の色は銀色、緑又は青で斑点があります。
底魚であり、さんご礁の豊富な沿岸水域と島々の周辺に住んでいます。
一般的に小さな群れで行動し、魚、頭足類、深海の無脊椎動物を餌としています。
.とくに攻撃的なことから、ジグ、シャッド、ステックベイト、餌釣りなどを使用するエクストリームな 釣り人達の間でとても人気です。

シイラ

その名前からはタイ科であるように考えてしまいますが、シイラはタイ科ではありません、 トロピカルなタイと同じ魚種でイルカ-魚と名づけられています。

強力な捕食者でエクストリームな釣り人たちに、シイラはまたマヒマヒとも呼ばれています。
成魚は一般的には150cmの長さで20キロですが、2メートルで40キロ近くに及ぶこともあります。
非常に早く、時速92キロもの速さで泳ぐこともできます!
オスは額にこぶがあることから四角い顔をしています(シイラという名前の由来は"ヘルメットをかぶった" です)どっしりとした体をしていますがメスは頭が丸く体も細くて小さめです。
その色は、多くの場合、非常に鮮やかで多様であり、カメレオンのように、その時の気分や環境に応じて変更します:青緑メタリック、虹色、ターコイズ、ゴールド、ブラウン、ブルー、レッドなど。
長期に渡って移動していくトロピカルな種で、シイラは底魚さらに遠洋でもあります:それは表面から80メートルの深海、そして沿岸近くの間で発見できます。
この肉食捕食魚は、イカ、サバや稚魚や遠洋甲殻類を餌とします。
ほとんどの捕食魚のように、これらも夜明けや夕暮れ時に狩りをすることを好みます。
第二千年紀にすでに釣られ、クレタ島のサントリーニ島のフレスコ画に示されたシイラは、現在頻繁に、目の前でジェットタイプのステックベイト又はクランクベイトを投げて釣られています。

タイ

これは、オマーンで釣ることができるタイ科に属する38種類を含む数百種の異なる魚を指します

クロダイ(Blackhead seabream) :クロダイ又はキチヌは底魚です。
体長50センチ、体重は5キロに及びます。
それは軟体動物や多毛類を餌とし、浅い岩礁や汽水にて見つけることができます。.

レッドポーギー (Red Porgy) :赤鯛又はマダイにはたくさんの名称があります:アサヒダイ、鯛、 アカダイなど。
体長は90センチそして体重は19キロまでに及びます。
その高度な圧縮体は、銀色からピンクがかったさまざまなマーブルの色と、巨大な頭を持ちます。
それは砂底や5メートルから250メートルの岩だらけの壁深さに生息する孤独な遠洋魚です。 肉食性で、甲殻類、軟体動物や頭足類を餌とします。

ピンクデンテックス (Pink Dentex) :ピンクデンテックス又はデンテックスジボウスはヒロダイ、ニシキダイ、ヒレコダイとも呼ばれています。
その楕円形の本体はへこんだ額で終端しています。その色は銀色青色の色調と赤みを帯びています。
ピンクデンテックスは体長106センチで体重は15キロまでに及びます。
底魚で、深さ20メートルから220メートルの岩や砂底に生息しています。
若魚は海岸を好み成魚はさらに沖合にとどまっています。肉食性で、魚、甲殻類や頭足類を 餌としています。

サバ科又はマグロとカマス

マグロはサバ、カマス、ボニートはサバ科に属します。
貪欲な海の捕食者で、それは時速75キロにも到達することができます。
それは多くの場合、トローリングルアー、トローリングルアーまたはやステックベイトなど、 様々な方法で漁獲されています。

キハダ (英名 : Yellowfin Tuna) 学名(Thunnus albacares)は 200キロ240センチにも到達する 巨大な遠洋魚です。
集団で行動し、水面と100メートルの深さを移動して、魚、貝やイカを餌にしています。
彼はまた、浮いているかけらなどに引き寄せられます。
キハダマグロはその激しい闘争のため極端な釣りに求められています。

メバチ(英名 Big-eye Tuna) または学名(Thunnus Obesus )は最大で250センチ330キロに到達します!
この背中はメタリックブルーで腹は銀灰色の遠洋マストドンは、小さな群れで移動します。
それらは、昼も夜のように狩猟をし頭足類、魚類や甲殻類を餌とします。
メバチはスポーツフィッシングの分野で特に人気の巨大な相手です!

コシナガマグロ(Longtail Tuna) 又は学名(Thunnus Tonggol)はかわいらしいマグロとも呼ばれており、 オーマンの切手にもなっています。
体長145センチメートルそして体重は36キロまでに及びます。
それは濁った水を回避し、稚魚、甲殻類や頭足類を餌大陸棚、上記の水没地域に生息する浅海魚です。

カマスサワラ(Wahoo) 又は学名(Acanthocybium Solandri )はオキザワラ、スジカマス、トーサワラ等とも呼ばれています。
その色は、背中は青緑色の虹色で腹部はシルバーグレーです。
表層域の孤立又は小グループを形成し、それは魚や頭足類を餌とします。
スポーティブな釣り人達に人気で、最大で250センチ、83キロにも到達します。

オキザワラ(Narrow-barred Spanish Mackerel) 又はScomberomorus Commersonは2メートルそして70キロにも 及びます。
それらは海洋植物ややサンゴ礁、ラグーン海と緩やかな斜面を好みます。
そして小さな群れで移動し、甲殻類、頭足類や魚を餌にします。

マグロ、バラクーダやグレートバラクーダとも呼ばれるオニカマスに類似しており、最大では体長200センチ体重50キロにも及ぶ貪欲な肉食魚である。
これは、黒い斑点が点在している銀の細長い本体、その下側突出顎と牙のような歯から認識することができます。
バラクーダは単独又は小グループで、サンゴ礁の周りを好みますが、30メートルの深い表面の海洋でも 見つけることができます。
昼間に捕食し、頭足類、エビや魚を餌にします。
特に攻撃的で空腹でない時にも餌を殺しますが人間に関しては挑発された際のみに攻撃してきます。
一般的に、バラクーダは、おとりをつかった引き網漁で釣られています。

メロウ

ほとんどのメロウはハタ科に属します。
それらは300メートルの深海にて見つけられます。
肉食魚で、軟体動物、甲殻類、魚を餌にします
ハタ科は22属87種のグループです。
以下はオーマンにて見られる種です:

マラバルハタ(Malabar Grouper) 又はヤイトハタ234センチ、150キロまでに及ぶ海水魚です。
頑丈で、丸みを帯びた尾と、小さなダークスポットが点在したまだらの茶色の色をしています。
その外観は茶色のハタのそれに近いです。 2メートルから150メートルの間の深海を移動し、サンゴ礁などの砂底を好みます。
これは、甲殻類、頭足類や魚を餌にします。

ポテトハタ(Potato Bass) またはEpinephelus Tukulaは最長200センチ、110キロの海水魚である。
単独で、海底と海山のサンゴ礁にて、カニや貝を餌にしています。
領海にとても敏感で、侵入してくる者に特に攻撃的な態度をとって来ることからスポーティブな フィッシャーマンにとっては格好の獲物といえます。

 マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてカスリハタを釣る

アカマダラハタ(Brown-marbled Grouper)、又はEpinephelus Fuscoguttatus, Mérou Marbréとも呼ばれており海水魚です。
体長は120cmに及びます。 そのずんぐりした頑丈な体は、淡褐色で、まだらな茶色と灰色の斑点で覆われています。
サンゴ礁の斜面の海域で生息し、それは海面と60メートルの深海の間にて甲殻類、頭足類や魚類を 探します。
自身の領域に定住して、夕暮れから夜間にかけて捕食します。

マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてブラウンメロウを釣る

メロウはジグなどで餌釣りされます。

キツネフエフキ

キツネフエフキ又はLethrinus Nebulosus はフエフキダイ科に属します。
この魚は、圧縮された体の美しい色を特徴としています: 彼の頭は、青の縞模様で、青虹色のうろこそして横腹とひれは黄青銅色です。
最大の種では80cm8,5キロにも及びます。
キツネフエフキは日中より夜間に狩りをし、軟体動物、甲殻類、ウニ、サンドワームを捕食します。
好奇心を持っていると同時に慎重であり、単独より群集で行動します
若魚は堆積広範な海藻を好み、成魚はさんご礁を好みます。

タイセイヨウニシン

タイセイヨウニシン(Wolf Herring) 又は Chirocentridaeは沿岸遠洋魚で2種類に代表されます.
長く青銀色の体から認識ができ、とがった形の歯がその名を与えました、タイセイヨウニシンの体長は 100cmにまで及びます。 貪欲な捕食者で、小魚や甲殻類を捕食し、時には河口やラグーンを冒険します。
タイセイヨウニシンは浮きステックベイトまたはおとり魚にて釣られます。

メカジキ

メカジキ(Indo-Pacific Sailfish) 又はIstiophorus Platypterus は又インド洋の海魚又は 海のヤマシギとも呼ばれています。
カジキ科で、ヨットの帆のような背びれを持っています。
色は背は深青で横腹は茶青そして横腹は白銀です。
体長3,50メートルそして体重100キロまでに及びます。
この魚は最も速い魚のうちの一つです:記録によるとある種は釣り糸を時速109キロメートルで引っ張った そうです !
エクストリームなフィッシャーマンに求められているまさにハリケーンともいえるこの深海魚は沿岸や島の近くに住み他の魚、甲殻類や頭足類を捕食します。

オオスズキ

オオスズキ (Bluefish) , Pomatomus Saltatrix はスズキ科に属する魚です。
深青から青緑、青銀色で体重6キロのものでは体長120cmにまで及びます。
成魚は沿岸海域に生息し、若魚は河口や湾に生息しています。
オオスズキは8キロまでに広がって集団で行動し、他の小魚の群れや軟体動物、甲殻類を捕食します。
ステックベイトや、おとり魚で釣られその攻撃的な態度からもエクストリームなフィシャーマン達に 特に知られています。

エイ

コモンスティングレイ (Common stingray) ou Dasyatis Pastinacaは体長2メートルまでにも及びます。
5メートルから60メートルの深海の間を泳ぎ、小魚や無脊椎動物を捕食します。
その針は毒性で危険な種とされています。

ザラザラエイ(Giant Guitarfish) ou Rhynchobatus Djiddensis は体長3,50メートルそして体重は200キロ以上 にも及びます。
このエイは鼻口部がとがっており、その泳ぎ方も似ていることことから、よくサメと混同されます。
頻繁に砂に埋もれ、甲殻類、頭足類と深海の魚を捕食します。

エイはいわしまたはカツオの一部で餌釣りされます。



オ マーンでの釣り

釣 りのテクニック

- ロウニンアジを釣る

- エイを釣る

- ブルーフィッシュ、ハタ、カンパチとマグロ

記 録の魚を釣る

- ロウニンアジ

- メロウ

- エイ

- カンパチ

- マグロ

宿泊設備

- Al Hallaniyat島でのロッジ

- 海岸の砂浜にあるお部屋

- 海岸の砂浜にある家

- ワイルドキャンピング