fr en de es it cn np ar
オー マンにて60キロ以上のロ ウニンアジ釣りを楽しむ
本 格的な環境でスポーティブな釣りを楽しむ

是 非ルアーを用意し、シングルフック、トリプルフックを研いで 60 キロ以上のロ ウニンアジを釣りにお越し下さい!!!

オマーンにて、100キロを超えるコモンスティングレイ、ザラザラエイをサーフ・フィッシング
白 砂のビーチでの釣りをしに是非お越し下さい

100 キロを超えるコモンスティングレイやザラザラエイを獲得した興奮でガクガクすること間違いなし!!!

オ マーン南部で25キロ以上のブラウンメロウの釣りをお楽しみ下さい
お 一人又はグループで、究極の釣りを楽しみにお越し下さい

ジ ギングは楽しいです、釣り用ベストを装着し、手袋をはめて、釣針を垂らし、 ブ ラウンメロウ釣りをお楽しみ下さい。

オマーンで50キロ以上のロウニンアジの釣りをお楽しみ下さい
釣 竿を手にして、強度のセンセーションを味わう準備は出来ましたか?

ブ ロックされたブレーキ、釣り餌は2,3回動いたかと思うとラッシュし、 50 キロ以上のロウニンアジとの大格闘となります。

オ マーンで15キロ以上のカンパチの釣りをお楽しみ下さい
地 平線を探索し、あらゆる可能性の準備を為さって下さい

バー ンと釣竿を正確な場所に投げ、ラッシュと格闘の後に15キロ以上のカンパチをキャッチ!!!

マ スカット オマーンの南部で、より正確にはサラーラでの日没
美 しい夕日の前でリラックス

格 闘とあらゆる感情の後は、テラスにて温かいお茶を飲んでおくつろぎ下さい!

伝統、風俗と習慣

歴史

古代シュメール以来、オマーンの地方はお香の生産と貿易の中心地として知られています。
紀元七世紀にイスラム教が発祥し、多くの芸術品や工芸品にあふれた豊かな文化は、中東の イスラム諸国に近いといえます。
古代から商人や船員が移動し、その資源は羨望を集めました。
十六世紀にはポルトガル人によって侵略され、その後1970年代までイギリスに保護されるなど近東諸国の人々に侵略され続けたことからその文化には激動の歴史がありました。

アラビアが起源の人々、ベドウィンは、少なくとも四千年紀の間砂漠を占めました。
その伝統と伝統的な価値観に結びつけられた、この誇り高い遊牧民は、おもてなしの精神をとても大切に しています。
オマーンの砂漠にてオアシスに大きなテントを設置したラクダをつれたベドウィン族に出会ったり、 ナツメヤシの間を冒険するアラブの騎士伝統の権威者ともいえる山そして又釣り人でもあるベドウィン族。
彼らは魚の移動するのと同様の速度で魚や真珠貝とアワビの収穫に没頭/専念しています

伝説

ある伝説によると、たくさんの素晴らしい冒険をしたことで有名な船乗りシンドバッドは、10世紀に 北部オマーンのソハールに住んでいたそうです。
また、国の南にあるSumhuramの遺跡は、伝説の女王シバの住居跡であろうと言われています。
そして又、ここだけの話ですが、Shisrの廃墟が千夜一夜物語の伝説的な都市であり、アトランティスの 秘密の扉である古代UBARの遺跡だとも噂されています、、、

美術と伝統

職人と伝統工芸:

オマーンの職人の技は、銀、銅の製造、luban(フランキンセンス) のような香水やお香、 織物製造、藍染め、陶芸やお菓子の製造の仕事を通して見受けられます。
訪問される数々のスークや市場では真の伝統を感じて頂けます。

スークと市場:

スークと市場はオーマン人の真の伝統工芸と商業のハートともいえ、そこでは数々の製品を購入することができます:魚市場、お香の市場、山羊、武器、宝飾品市場、女性の為の市場、陶芸市など。

最も本格的なものには、サラーラの中心部にある Al-Husnのスークがあります。
お香や香水の販売の専門で、有名なhujari、アムアージュのような有名なフレグランスの製造に有用であることから非常に評判の高い白香などを見つけることができます。
香炉、香立て、振り香炉は職人の手作りの妙技を実証しています。

サラーラから3キロほどのヤシの木に囲まれた所にある Al-Husnのスークは、質のよい luban(フランキンセンス) と伝統の布、衣装や特に金銀細工で知られています。

サラーラのゴールドのスークの黄金できらきらと輝く、細かく細工された宝石やネックレスやブレスレットは あなたを魅了すること間違いなしです。

衣装と伝統:

男性の伝統的な衣服のdishdashaは通常は白長袖の大きな衣装です。
これは、頭部に装着するmuzzarというターバンと共に身に付けられています。この衣装に加えて、公式行事などのときには2つのものをさらに身に着けます: 杖のassa(アッサ)と先端が曲線形をしている腰ベルトに装着する典礼用のダガーである khandjar(ハンジャル)です。
この武器はオマーンの象徴であり、紋章や切手、紙幣などの様々な場面で見ることができます。

女性の伝統衣装は、ズボンやsarouel(サロエル)といわれるズボンの上に衣装着用そしてlihaf(リハフ)という髪飾りで構成されています。日常、女性は金の宝石を身につけ、abaya(アバヤ)という黒いローブを着用しhijab(ヒジャーブ)で自分の髪を覆っています。

音楽:

地域を旅してきた歴史の結果、外国の影響を受けたオマーンの音楽は、アラビア、東アフリカだけでなく、イランやポルトガルの音楽に似ています。 Funun(フヌン)は少なくとも130以上のスタイルを持ち、一番リズミカルです。
音楽は非常に人気があり、集団で積極的に行われています。
多様な楽器:リュート⠂ヴァイオリン、フルート⠂オーボエ、バグパイプなどの数多くの打楽器があります

詩的なアート:

伝統的に歌われたり、朗唱されてきた詩は深くオマーン文化に根ざしています。
それは英雄、宮廷愛、自然、知恵の、またはユーモアのテーマで展開されています。
ハードな一日の仕事の後、オマーン人は、コーヒーを飲みながら音楽に耳を傾け、詩を朗唱するのが 習慣です。
昔から詩句は語り伝えられ、詩人は詩の数百の詩句と数多くの詩を暗唱しています。 このようにして過去の貴重なものが伝承されてきました

オマーンの伝統や工芸品は、ラクダレース、古くからの織り物又はお香の収穫など多くの分野にて 見る機会があります。
サラーラの街で7〜8月に開催されたKhareefの例祭では、伝統芸能の中心に浸って頂けます: 歌、ダンス、劇場の栄誉。

文化遺産

4つのオマーンのサイトはユネスコによって確立された人類の世界遺産のリストに登録されています:

  • 灌漑システムは、オマーンにある最古の灌漑システムのうちの1つ(4500 BC)のaflaj
  • BatとAl-KhutmとAl-Aynの遺跡、ヤシの木立の陰に建設された第三千年紀のネクロポリスです。
  • ドファール地方では「香の土地」があり、古代からエジプト、イエメンそしてインドをつなぐ古代の香の道の主要サイトとなっています。
  • 12世紀より存在するバフラ城塞、djebelAkhdar付近のバフラのオアシスの中心部にある中世の要塞。

オマーンの豊かな文化遺産を見物しに出かける機会は数多くあります、 この地には多くの例外的なサイトやモニュメントが並んでいます-  宮殿、城、モスク、古代都市、港、アラビアオリックスsantuaire(絶滅寸前のウシ科のアンテロープ) - これらが壮大な自然景観の中心部に存在しています。
周辺には、Khor Rawriにて鵜やラクダを観賞したり、Al Mughsayl の大噴出そしてRaysutの滝の光景で 驚異を満たせます。

美食料理

オマーン料理は中東料理とインド料理の両方の影響を受けています。
メッゼとレバノン風ファラフェル、インドのビリヤニやタンドーリ、カブサとマクドゥス(トマトソースで調理した鶏肉、羊肉や魚とスパイシーなご飯)はあなたの味覚を楽しませてくれます。
また、タイ料理、中華料理、ピザ、もちろん...新鮮な魚を楽しむこともできます!
デザートでは、ハルヴァ、グルメなサフランキャンディ、コーヒーに添えられてくるアーモンドやナッツを お見逃しなく!
英領インドの遺産の紅茶とオマーンコーヒーは、最高の伝統的な飲み物です
またはバラ水を飲んでリフレッシュすることもできます...

ホスピタリティー

アラブ民族の伝説的なホスピタリティーはオマーンにも欠けていません、 ベドウィン族は特にその寛大さで有名です。
したがって、コーヒーカップや、おいしいお菓子を拒否することは不適切です!

政治

オマーンは、1970年以降スルタンQabus Ibn Saïdが支配する議会君主制です。
長年の間、いくつかの改革が近代化の見通しをもって行われました:1990年、スルタンは Majlis ach-Choura、の選出諮問委員会を設置しました。
そして2003年に、直接普通選挙によって21歳以上の投票を制定。
参加率は70%以上で、当選者83人中には、二人の女性が選出されました。
いく人かの女性は、政府にて特に教育省と高等教育省に携わっています。

経済

オマーンの予算の収入の80%が主に炭化水素、石油と天然ガスの販売から成り立っています。
これらの収益は、スルタンにて特に国のインフラ、学校、病院、道路ネットワークの大規模な 投資を行うことを可能にしています。
観光は収入の第二の主な情報源で、高級ホテルや観光施設の建設によって優遇されています。

人々と言語

ほとんどのオマーン人はアラビア人と少数のバルーチ(インド)によって成り立っています。
特にドファール南部では、ほとんどの住民がjabalis(ジャバリス)で、アラビア語の原点となる人々です。
他のゴルフ湾岸諸国のように、出稼ぎ労働者は、インド、パキスタン、イランから主に来ています。

スルタンの公用語はアラビア語です。英語は広く使用されており、さらにバルーチ語、ウルドゥー語と様々なインドの方言が話されています。

宗教

オマーン、王室の宗教はイスラム教イバード派です。
オマーンはイスラム教徒の国で、その主要はスンナ派やシーア派ではありません。
インドからの移民につきましては、大多数がヒンドゥー教徒です。

服装アウトフィット

イバード派のオマーン族の大半は柔軟なイスラム教ではありますが、伝統的なイスラム教徒の信仰のほとんどの国でのように、オマーンではきちんとした身なりをすることを強くお勧めします。
ショートパンツや半袖は暑い時には許容されていますが、特に町では尊重の為にも、短い(膝上の)服や体にぴったりした衣服をお避け下さい。
神聖な場所では最大限の尊重を為さって下さい。

写真撮影

許可を得ずに人を撮影しないことをお勧めします。
特に女性を撮影することはお避け下さい。
どうしても撮影したい際は、その女性だけでなくその父親や夫の許可をお取りになって下さい!
外交や公立、政府の建物を撮影することは禁止されています。

避けるべき話題

それはスルタンの宗教、文化および宗教的伝統について批判することはお勧めできません。

ラマダン

尊敬の為に、ラマダンの月の間は、その伝統や習慣を尊重する為に注意を払う必要があります。
従って、日の出から日没まで、公共の場で飲食、喫煙をすることは禁じられています

禁止事項

公共の場でアルコールを消費することや酩酊は厳密に禁止されています。
交通事故をした際に酔って運転していた場合要因を悪化させることになります。
アルコール飲料は自由に販売されておらず、販売のライセンスを持っている大きなホテルやレストランで のみワイン、ビールやスピリッツを飲むことができます。
ワインとアルコールの輸入は一人当たり1本に制限されていることに注意してください。
荷物は頻繁に検査されます。

薬物の所持、使用、または人身売買は厳禁で処罰に値されます。
それらにて逮捕された外国人は国外追放前に重い懲役を宣告されます。

ポルノビデオ等は没収されます。

エチケット

尊敬と謙虚さのためにも、自然の中でトイレに行く際は一目につかないところでなさって下さい プライベートは厳格になさって下さい!

 マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてカスリハタを釣る
マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてカンパチを釣る
 マ スカット·オマーンの南部のAl Hallaniyats島周辺にてメロウを釣る


オ マーンでの釣り

釣 りのテクニック

- ロウニンアジを釣る

- エイを釣る

- ブルーフィッシュ、ハタ、カンパチとマグロ

記 録の魚を釣る

- ロウニンアジ

- メロウ

- エイ

- カンパチ

- マグロ

宿泊設備

- Al Hallaniyat島でのロッジ

- 海岸の砂浜にあるお部屋

- 海岸の砂浜にある家

- ワイルドキャンピング